新人研修をおろそかにしてはいけない!

新人研修で社会人生活の滑り出しが決まる

新人研修は社会人としての常識を学ぶ場になります。そのため、これがないと社会人として、上手く生活を始めることができないでしょう。最初でつまずくとなかなか起き上がれなくて、苦労することが多いです。そうならないように、新人研修でしっかりと社会人の常識を学ぶことが重要です。このような考えになるのは、社会人と学生では常識という意味では大きな差があるからです。例えば、大きな差としては遅刻です。学生時代に学校に遅刻をしていっても、そこまで大きな問題になることは少ないでしょう。しかし、社会人が遅刻をしたとなれば、大きな問題に発展する可能性もあるのです。そのような例を考えると、しっかりと社会人の常識を学んでおくことが、社会人生活を円滑に始める秘訣です。

新人研修で会社の常識を学ぶ

社会人の常識と共に重要なのが、その会社の常識です。会社によって風土や文化が違うために、一般常識とは別に覚えておく必要があります。例えば、会社の業種によっては、出社時間がまちまちなことがあるでしょう。だからといって、いつでも出社が遅くていいということではないこともあるのです。部長が遅れてきているから、自分も遅れてきたら怒られたなんてことはよくある話です。そんなことにならないように、会社の常識は新人研修で学んでおくことが大事です。また、会社の常識を研修の内容に含めるときには、先輩の失敗談などとすると分かりやすいでしょう。先輩がそうやって失敗したのだから、私は失敗しないようにしようと思うからです。先輩は新人のお手本になるので、その先輩の失敗であれば身に付けることが容易なことが多いでしょう。