講師選びも重要なポイント

各業界で活躍している講師に研修をお願いしよう

中堅社員向けの研修を意義のあるものにするには、各業界の第一線で活躍をしている講師にサポートをしてもらうことが大切です。特に、会社経営者や実業家、スポーツ選手などを講師に選ぶことで、研修を受ける従業員の意欲の向上につながることもあります。最近では、社員研修を担当できる講師の派遣を行っている研修会社の数も増えています。そこで、研修の予算やテーマなどに合わせて、理想的な講師をすぐに選ぶことが可能です。また、社員研修で学んだ内容を業務に活かすうえで、多くの民間企業から支持されている研修会社の過去の対応事例や派遣可能な講師のプロフィールなどを参考にしながら、実用性の高い研修をしてくれる講師を探してみると良いでしょう。

講師の依頼費用にもこだわろう

中堅社員の研修のために外部の講師を招待したい場合には、講師の依頼費用の相場を把握することがとても重要です。例えば、テレビ番組や雑誌などでの露出の多い講師を選ぶ際は、研修の時間や講義の内容にもよりますが、一回あたり百万円を超える費用が発生することもあります。一方、教育や福祉、環境保護などの分野の専門家は、五十万円未満で依頼ができるケースも多いため、研修費用をできるだけ節約したい企業に向いています。なお、国内外で知名度の高い講師については、研修費用の他に謝礼金や交通費などの支払いが必要となるケースも珍しくありません。そのため、講師の依頼の仕方に迷っているときには、明朗会計のプランのある研修会社に相談をしてみましょう。